1. ホーム
  2. シワ
  3. ≫アンチエイジングを始めるタイミングとシワができる最大のタイミングとは

アンチエイジングを始めるタイミングとシワができる最大のタイミングとは

アンチエイジング

アンチエイジングはいつから始めるのがいい?

1.早ければ早いほど良い
2.30代からでも十分間に合う
3.シワやたるみが気になり始めてから

あなたなら何番を選びますか?

正解は、

 

1.早ければ早いほど良い

 

肌の若さは18〜20歳がピーク!
それ以降はアンチエイジングケアを

ズバリ、早く始めるに越したことはありません。

とはいえ、子供の頃からアンチエイジングケアする必要などありません。

人間の生物としてのピークは18〜20歳ぐらいと言われていまs.

事実、肌のハリもコラーゲンとエラスチンが最大限に伸び切るのも18〜20歳ぐらいです。

だから、アンチエイジングケアは20代から肌の状態に応じて徐々に取り入れるのが正解です。

30の大台に乗ったら・・・

シワやたるみが気になり始めたら・・・

では、残念ながら手遅れです。

また、ベーシックなお手入れで、肌の基礎の力を上げておくことは、アンチエイジングの大前提です。

基礎の力がない肌に、いくらアンチエイジングケアをしても、効果を100%実感することはできません。

アンチエイジングケアも、肌の基礎の力があってのものであることを頭に入れておきましょう。

シワができる最大の原因は?

紫外線

1.老害
2.紫外線
3.乾燥

あなたなら、何番を選びますか?

正解は、

2.紫外線

です。

紫外線がコラーゲンやエラスチンをブチブチに切り刻んでしまいます・・・

シワの最大の原因、

それは、「紫外線」です。

人間の肌は年を重ねればシワっぽくなってしまいますし、乾燥も肌をシワっぽくさせてしまいますが、最大の原因は、「紫外線によるダメージ」です。

シワは紫外線により肌の中に発生した活性酸素が、真皮の組織を破壊してできるのです。

真皮の中にネットのように張り巡らされている、こらーげんとエラスチンという紐もやゴムを、活性酸素はものの数分でブチブチに切り刻みます。

こうしてグチャグチャに絡まったネットは、肌の土台として弾力をささえることができません。

表面はハリを失い、ゆるみます。
その結果、シワができやすくなります。

さらに、肌の表面がパリパリに乾燥していると柔軟性がなくなり、シワがくっきりと刻まれやすくなります。

水分をたっぷりと含んだ肌は、ハリもありやわらかく、シワを目立たせない力を持っています。

しかし、水分が抜けてかたくなった肌では、シワはいやでも目立ってしまいます。

実は、乾燥は紫外線の次に注意すべきです。

もちろん、紫外線を浴びなくても乾燥しなくても、私たちの肌は、自然に老化します。

生まれた時から紫外線に気をつけて生活していると、おばあさんになっても赤ちゃんのような肌でいられる、と言われるほど、肌老化の主な原因は、紫外線です。

紫外線というと、シミを真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、シミだけではありません!

シワやたるみ

も紫外線が原因です。

日焼け止めは、シワ&たるみの予防でもあります。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。